真剣勝負を楽しんで下さい。

 私たちはお客様から職人の手元が見えることにこだわりました。
お客様と職人を区切るケースをなくし、フラットなカウンターを設置しました。
ネタの扱い方、包丁さばき、そして握り。
寿司の全てをごまかしの効かない場におくことで、お客様に対して常に真剣な、
最高のおもてなしを提供します。
 
 
 
 寿司にとって大事な物はネタの鮮度です。
しかし私達は鮮度だけにこだわることはいたしません。
ヒラメなどはあえて一晩寝かすことで旨味成分のアミノ酸を身全体に
行き渡らせる事ができます。

寿司の本当に旨い瞬間で勝負がしたい。
すし二乃宮のもう一つのこだわりです。

寿司は銀座で。

 築地に近いこと、食通が集まること、銀座で寿司を食べることには意味があります。私たちがここ浦和で店を開いた時に集まったメンバーはその銀座で修行を積んだ者たちです。東京に行かず旨い寿司が味わえる。築地という市場にこだわり埼玉一の味を目指しました。

この味をこのお値段で。
私たちが浦和で店を開いた一番の理由です。